慈善事業家

慈善事業家

慈善事業家

慈善事業家

献身的で熱心な慈善事業家であるローチの寛大さは、諸国と諸大陸に及んでいます。社会的責任を強く認識しており、世界の多様な教育活動と文化活動に尽力しています。ローチ家族財団と個人献金を通じて、教育、国際関係、および強固で持続可能な地域社会の構築に焦点を当てた世界の非営利団体を広く支援しています。

日本の名古屋市に居住していたローチは、名古屋米国ビジネス協会(ABCN)を設立しました。これは後に日米国商工会議所中部(ACCJ)となりました。若い頃に参加したウォーカソン資金調達イベントの成功を思い出し、1991年に名古屋ウォーカソンおよび国際チャリティフェスティバルの開催にABCNと協働しました。過去25年の間にイベントは飛躍的に大きくなり、地元のオーガナイザーやチャリティの収益として、設立以来140万米ドル以上の基金を募りました。  

2013年以降、ローチは故郷のイリノイ州シカゴでカラ・プログラムの役員を務めており、また日本のHOPEインターナショナル開発機構に深く関与し、理事長、財団委員、理事会メンバーを務めています。

ローチの寄付で日本の南山大学に南山宗教文化研究所の教職を設立、また母校であるデンバー大学のステュルム法科大学院において国際ビジネス商取引の法学修士 コースを立ち上げました。 シカゴのマリスト高校の卒業生として、ローチはアフリカ系の高校生でアカデミック・リーダーシップを発揮した生徒に対し、$20,000の奨学金を年4回提供しています。  9人の子どもにカトリック教育を授けた両親のため、過去15年にわたり奨学金を提供しました。また、クリントン財団、ワシントン大学、南カリフォルニア大学、ニューメキシコ州ギャラップ大学の他、自身が生活を営みビジネスを展開している場所の学校、公共事業、非営利組織を支援しています。

詳細:

●      ロバート・ローチをTwitterでフォーローTwitter

●      ロバート・ローチをFacebookでお気に入り

●      シカゴ・トリビューン: コマーシャルの王様