市民活動リーダー

市民活動リーダー

市民活動リーダー

市民活動リーダー

9人兄弟の8番目としてシカゴ南部郊外で育ったローチは、地域社会および市民活動の責任の重さを学びました。父親は地域社会の公職に就き、両親から公共サービス、地域社会への関与、慈善活動などの重要性を教え込まれました。

今日、ローチの献身的な公共サービスにおける素晴らしい実績は、地域、国家、そして世界に及んでいます。日本と中国では市民活動および事業の分野におけるアメリカ代表であり、国際協力と教育の促進を目的とした多くの非営利団体の篤志家とアドバイザーを務めています。2010年、オバマ大統領から米国通商代表の通商政策および交渉に関する諮問委員会の委員に任命され、2014年まで務めました。

2009年から2011年にかけて、ローチは2010年の上海国際博覧会において米国パビリオンの運営委員会と取締役会を歴任しました。2010年、アメリカ海外留学促進会(APSA)の会長に就任し、また2012年から2015年にかけて米中ストロング財団の諮問委員会メンバーを務めてました。これはアメリカの学生や若い専門家を対象に、海外留学、語学習得、その他の機会を提供し、米中関係を強化することを目的とした組織です。  2009年から2012年にかけて、ハーバード・ケネディスクール・パブリックディプロマシー・ネットワークのメンバーを務め、現在は新アメリカ安全保障センターの委員、および米国における主要シンクタンクであるアメリカ進歩センターの役員です。  

名古屋米国ビジネス協会(ABCN)、後の日米国商工会議所中部(ACCJ)の共同設立者です。また、上海において米国商工会議所の会頭および理事会メンバーを務めました。  経済成長および雇用創出を実現するためにビジネスリーダーが政策立案者およびアドバイザーとで協働することを支援する組織であるフォワード財団を共同設立しました。  名古屋インターナショナルスクールおよび中国の上海アメリカンスクールの理事会メンバーも務めました。

 

詳細:

●      ロバート・ローチをHuffington Postでフォーロー

●      ロバート・ローチのブログをフォーロー